ピルの服用で不正出血などの副作用がある?

ピルは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれるホルモン剤であり、妊娠したくない場合にあらかじめ飲んでおく女性側の経口避妊薬です。

生理中の期間が7日間あるとして、その期間を除いた21日間毎日飲むことで避妊効果を持続するものであり、最近では避妊目的だけでなく、生理の症状が重い人や、PMSのつらい人、子宮内膜症で苦しんでいる人が飲むと症状が軽減されるためそのことを目的として服用する人も増えています。

ピルは、服用することで人工的に体を妊娠した状態にさせるので、副作用として妊娠初期に起こる症状が現れることがあります。

症状が人によって様々ですが、妊娠初期に起こりやすい吐き気や嘔吐、胸の張り、不正出血などがあります。

生理でもないのにいきなり不正出血があると心配になると思われますが、ピルを初めて服用した場合に起こりやすい症状で、体が薬に慣れてくると不正出血の症状なども収まってきます。

副作用だからといって、あまり怖がる必要もありません。

ただ、いつまで経っても不正出血や吐き気、だるさなどの症状がなくならない場合は、婦人科に相談するのが望ましいでしょう。

服用が長期間になっているのに副作用が変わらない場合は、ピル自体が体に合わないせいもあります。

その場合は、種類の違う薬を処方してもらうと症状が改善することもありますので、一人で悩まずに早めに医師に相談しましょう。

化粧品がいろいろあるように、ピルも体質によって合う、合わないがあります。
また、ピルの服用でホルモンバランスを正常に保とうとする働きで不正出血や吐き気などの症状が起きていることもあります。

服用して、これはちょっとおかしいと感じたら我慢せずに相談して、症状を改善していきましょう。

ページトップへ