ヤスミンピルで月経困難症を改善しよう

皆さん、ピルと言うと、どんなことを思い浮かべますか?避妊に失敗した時の「緊急避妊薬」を思い浮かべる方や、副作用が怖いといったイメージがあるかもしれません。避妊については、日本ではコンドームが主流ですが、欧米をはじめ、世界の多くでは、ピルでの避妊が一般的になっています。子供の頃から、正しい知識や使い方を学んでいるので、いざとなった時に、慌てず、自分でコントロールができるのです。その他に、ピルには月経困難症を改善するというメリットがあります。月経困難症の症状は、個人によって差があり、程度も様々です。例えば、生理中に起きるお腹や腰の痛み(生理通)、怒りっぽくなる、精神不安定になる、お腹が緩くなる、便秘になるなど、日常生活に支障をきたしてしまうものを「月経困難症」とよんでいます。これらは、子宮の収縮により子宮の血流が減少するためと考えられる説や、ホルモンのバランスが原因している場合もあります。個人の体質によって異なりますので、一概には言えませんが、これらを改善するのに、低用量のヤスミンピルが効果的です。ヤスミンはドイツの大手製薬会社が製造・販売をしているもので、日本にも輸入されていますね。第四世代ピルと言われ、従来よりも大幅に副作用が軽減されるように研究されています。決まった量のヤスミンピルを決まった期間服用することで、ホルモンバランスを整え、月経困難症が改善に導かれます。生理通がひどくて、毎回鎮痛剤を飲んでいる方の中には、ピルの継続的服用によって、鎮痛剤が不要になったという方もいます。ピル副作用が怖いと言う前に、まずは医師に相談してみましょう。正しい知識と指導の下での使用は、女性の身体と健康を効果的に守ってくれる薬なのです。

ページトップへ