低用量ピルの金額を比較して病院へ

低用量ピルには色んな用途があります。
まずひとつ挙げられるのが避妊です。コンドームは男性に協力してもらわなければできない避妊方法ですが、低用量ピルの服用は、女性自身でできる避妊方法であり、避妊効果も高いことから重宝されます。
また、月経の周期を整えるためにも使用されますし、月経前に身体的、肉体的に不調をきたすPMSの症状を軽減させるための方法としても用いられます。
そのため、色々な理由で低用量ピルの購入を検討している女性も多いと思います。
しかし低用量ピルは、月経困難症での使用以外は保険適用外であり、また、市販薬ではないので病院で処方してもらう必要があります。なので、処方する病院により金額が異なります。
低用量ピル自体の金額は、1シート(1ヶ月分)で2~3,000円程度です。
そして低用量ピルの値段に、初診料や、病院によっては期間ごとに血液検査、乳がん検査を受診することが処方する条件となることもあるので、その検査料金が加算されることもあります。
なので、ただ低用量ピルを処方してもらうにも、病院によってかなり金額の幅が変わってきます。
「近所の病院でピルを処方しているから…」と、よく調べずに病院に行くと、思ったより費用がかさんでしまうことがあるかも知れません。
インターネットで検索すれば、簡単に金額を比較することができるので、きちんと調べてから病院に行きましょう。
低用量ピルだけが欲しい、という方であれば、薬だけを処方してもらえる病院を比較して、
きちんと検査をして処方してもらいたい、という方であれば、検査内容や金額を比較して、
数ある病院の中でも、自分にとって一番良いと思える病院を選ぶようにしましょう。

ページトップへ