通販でピルを買う危険性は

本来、ピルは婦人科で医師の診察や服用方法の説明を受け、処方してもらうことが基本です。しかし、病院へ行くのが面倒だったり、検査や診察が煩わしいと考えインターネットから通販を利用する人も増えています。海外から個人輸入出来る為、価格も安いので手軽かつ簡単に購入できる点がよいと考えている人が多いようですが、通販でピルを購入することに危険性はないのでしょうか。中には正規品と成分が異なる商品や、偽造品を正規品と偽って販売しているサイトもあり、実際にそういったトラブルや苦情も出ています。粗悪品には日本語の説明書なども入っておらず、素人には本物と偽物の区別がはっきりとつきません。万が一それが粗悪品だとした場合、何も知らないまま服用すると身体の不調や副作用などを起こしてしまう危険性があります。成分が本物か確かめる為には、購入した薬を病院に持参し、医師に確認してもらうのがよいでしょう。通販でピルを購入する際は、そのサイトが信頼できるのかを事前に調べておく必要があります。口コミや比較サイトなどを見たり、会社の情報や販売されている薬の情報がきちんと掲載されているか確認してください。価格は多少高くなりますが、大手企業で薬の通信販売をしているサイトなら安心して購入できます。
診察や検査を受けずに自宅で薬が手に入るというのは便利なことですが、偽物であるリスクも含め、薬の効果・効能や副作用などのトラブルが起きた場合はすべて自己責任となり、誰にも責任を問うことはできません。本来は医師の処方を受けて購入するのが望ましいですが、どうしても個人輸入による通販を利用したい場合はこうした危険性が伴うということを承知しておきましょう。

ページトップへ