避妊の確立の為に使用するアフターピル

避妊を行わず行為に至った時は、早めにアフターピルの服用を行えば、妊娠の可能性を大幅に引き下げる事が出来ます。
確立としての確実な避妊状態は、最も効果が高まる12時間以内が最大で、アフターピルの作用を引き出す時間帯といえます。
その後は、時間の経過によってアフターピルの働きが弱まり、確立を考えると避妊の効果が徐々に低下します。
迷っている暇がないのがアフターピルですし、望まない妊娠の可能性があるなら、早めに医療機関へと相談を行い、避妊について詳しく知る必要があります。
状況の確立で考える点が、アフターピルに欠かせない避妊法で、本番後に服用するタイプだからこそ、時間が重要な決め手の判断になります。
半日以内のアフターピル使用と、3日を過ぎた避妊の開始では、避妊の割合が10倍近く違いますから、恥ずかしさや迷いを感じている間にも、妊娠をしてしまう可能性は高まり続けます。
まずはパートナーと相談しますが、最終的な決断は女性に委ねられるので、相手が頼りにならず判断が遅れる場合は、一人でもアフターピルに近づく事が大切です。
迷えば避妊が遠ざかり、更に悪い状況へ発展しますし、もっと母体へ負担がかかる状態に陥るので、健康を考えても早期のアフターピル服用が好ましい判断です。
間違いや失敗は誰にでもありますが、最悪を阻止する事が出来る時や、チャンスを活かす時間が残されている場合は、現実的な選択肢を目の前に用意し、最善の選び方を進める事が重要です。
最短でも、僅かに妊娠を引き起こす割合が残りますし、絶対という言葉や100%防げる保証はありませんが、何もしないで成り行きを見守るよりは、遥かに現実的で前向きな判断であり、失敗を避ける有効的な手段になります。

ページトップへ